女性

クリーニングでの仕上げ方法を知っておこう|服を長持ちさせる

店舗ごとに異なる特徴

洗濯物

機械か職人の手か

クリーニング店は、家庭で洗えないようなスーツや型崩れしたくないような衣類、家庭では落ちないようなシミなどを綺麗にしてもらうために利用します。そんなクリーニング店ですが、どの店舗もみんな同じというわけではありません。店舗によって、技術や特徴、価格も様々です。ですので、そういった点をよく考えて店舗を選ぶと、より満足のいく仕上がりが期待できます。スーツのクリーニングの場合、価格は安いところで1,000円前後、高いところは2,000円から数万円と幅があり、機械ではなく職人の手で1つ1つ作業が行われる場合は価格が上がります。クリーニングには、ドライクリーニング、ウェットクリーニング、ランドリークリーニングの3種類の方法があり、ドライは水を使わずに有機溶剤を使用するもので、衣類を縮めたり型崩れしないように洗う方法です。ウールやレーヨンなどの素材や、油性の汚れを洗う際に用いられます。ウェットはドライで洗う衣類を水で洗う方法で、汗など水溶性の汚れやシミを除去するためには必要な方法です。ウェットの場合は、高い技術や手間、時間が必要となるので、ドライの場合に比べて価格が割高になります。ランドリーは、水に耐久性のある衣類を洗剤や漂白剤などを利用して温水で洗う方法です。洗い方だけでなく、洗った後の衣類の仕上げ方法も種類があります。コンベアーで全て自動で行う方法と、人の手で行う方法です。コンベアーで自動で仕上げる方法は、低価格の大型クリーニング工場で採用されているもので、処理スピードが速いなどのメリットがあります。また、人の手で仕上げる方法は、プレス機やパフ仕上げ機を利用したり、職人がアイロンで仕上げるものです。機械ではなく人の手による仕上げほど技術が必要なため料金が高くなります。

洋服

宅配の洗濯屋が人気の理由

宅配の洗濯屋は、店舗型と違いお店まで足を運ぶ必要がありません。荷物もすべて宅配でやり取りできるうえ、お得な料金で利用できるので利用者が急増中です。それに加えて仕上げも綺麗という評判も高まり、それがまた宅配クリーニングの利用者を増やす要因となっています。

早くきれいな仕上がり

男女

クリーニングは仕上げにプロに依頼するのがおすすめです。ドライクリーニングでは汗などの水溶性汚れが落ちないためです。水洗いしてくれるサービスもありますが、自宅で予洗いしておくとコスト削減になります。スーツなどはプロの方が美しく仕上げてくれます。

利便性が高い家事サービス

洗濯物

クリーニング会社を利用すると、好みの仕上げを選択する事が可能です。のりの仕上げ方法だけでなく、納品方法も選択することが出来る場合もあります。近年は宅配クリーニングもあるので、ますます利便性が高くなっています。