洗濯物

クリーニングでの仕上げ方法を知っておこう|服を長持ちさせる

早くきれいな仕上がり

男女

クリーニングというと、自宅で洗えないものやスーツなどの気を遣う衣類をきれいにするために出すものというイメージがあります。事実、そのように使って問題はないのですが、実際は自宅で洗えるものも多くあります。クリーニングは仕上げに業者を利用するのがおすすめです。コスト削減にもなりますし、きれいに仕上げてくれます。クリーニングは、水で洗う方法、石油を利用して洗うドライクリーニング、自然界にいる菌を利用して洗う方法など様々な方法があります。洗濯不可のものはドライクリーニングというイメージがあるかもしれませんが、ドライクリーニングだと汗など水溶性の汚れがとれないという難点があります。そのため、手で水洗いをしておき、その後仕上げにクリーニングに出すとよりきれいに仕上げることができます。水洗いをしたあとは、脱水方法と乾かし方にも注意しましょう。高速脱水をしたり、ハンガーで干したりすると型くずれを起こすこともあります。こうした処理が面倒という人は割高でも汗汚れも落としてくれるサービスを選ぶのがおすすめです。スーツなどは自宅で洗えるものも増えてきましたが、やはりスーツならではのハリは失われがちです。日常使いにはそこまで気にならないかもしれませんが、大切なときのためにはやはりプロの手に任せるのが良いでしょう。忙しい人でも、宅配クリーニングなどを使えば自宅にいながらにして衣類をきれいな状態にすることが可能です。